朝のマッサージ

気になるナチュラルアンチエイジング法

ナチュラルアンチエイジングは、医薬品などを使わない日常生活で自然に行うアンチエイジングのことを言います。
大きな柱としては、食事、睡眠、運動ですから順番に説明します。
最初は食事についてです。

ある動物実験によりますと食事の量を増やした集団と普通の量を与えた集団、及び減らした集団で、その寿命を比べてみますと、食事の量を減らした集団の寿命が一番長くなるという結果が得られたそうです。
これが、もし、人にも適用されるとしますと、食事の量は少なめのほうがアンチエイジングに効果があると言えます。
昔からいわれている腹八分目ということわざは、正鵠を得ていると言って良いのでしょう。

食事の内容では、黄緑色野菜をはじめとした野菜やスイカやアボガドなどの果物類、また、大豆やナッツなどの豆類を中心とした食事が勧められています。
また、ビタミン類は野菜などだけでは十分に摂ることができませんので、卵、魚類や肉類では鶏肉がビタミン及びタンパク質の補給として良いとされています。
炭水化物は活動のエネルギー源ですが、摂り過ぎますと肥満の原因ともなりますので、少なめがよろしいようです。

アンチエイジングに重要な働きをしている成長ホルモンは、主に睡眠時に分泌されます。
成人の場合には、新陳代謝が活発に行われるためには、この成長ホルモンの分泌が適度になされなければなりません。
どの時間帯で成長ホルモンの分泌が多くなるかと言いますと、真夜中の0時の前後2時間と言われています。

また、肌などの再生が行われるのも睡眠中であることから、睡眠の長さも最低でも6時間はとりたいものです。
このような条件を守っていますと自然と規則正しい生活を送れるようになります。
適度な運動も、またアンチエイジングには必要になります。

運動には、無酸素運動と有酸素運動があります。
無酸素運動には、スクワットや腕立て伏せが、有酸素運動には、ウォーキングやサイクリングなどがあります。
あまり激しい運動は避けて軽く汗をかくくらいがちょうど良いそうです。

Copyright(C) 2013 男性にも女性にも欠かせない All Rights Reserved.