朝のマッサージ

アンチエイジングエクササイズとは

日常生活の中でアンチエイジングを実践するには、アンチエイジングに効果のある食事、質の高い睡眠、適度な運動が三本柱となります。
この中で、適度な運動に焦点を当てて考えてみますと、一般的なスポーツからウォーキングなどの簡単な運動までいろいろとあります。
また、スポーツの前後で行う体操やストレッチなどもアンチエイジングという目的から見てみますと適度な運動になります。

アンチエイジングエクササイズと言いますと、日本では、ストレッチや体操などを指すようで、体の部位別に多くのやり方が考えだされています。
簡単なところでは、足の筋肉の衰えを防ぐためにスクワットという運動があります。
これは、両足を軽く開いて、膝を曲げてしゃがむ動きをした後に再び膝を伸ばして立ち上がるという運動を何回か繰り返すものです。

同様なものでは、相撲の股割りのように両足を広く開いて腰を落としてそこから立ち上がるというような運動を繰り返すものもあります。
腕の場合には、腕立て伏せが簡単ですが、ダンベルなどの器具を使った運動もあります。
また、腹筋運動もよく行われます。

ストレッチは、運動と言うよりも筋肉を意識的に伸ばすことによって筋肉状態を良くすることや(激しい)運動の前後に行われたりするものです。
これは、よくネコが寝起きなどに伸びをしますが、あれが一種のストレッチで、運動にそなえて体と心の準備をしていると考えられています。
アンチエイジングエクササイズとしては、前者の筋肉の状態を正常に保つことが目的ですから、あまり動きの激しくないいわゆる静的ストレッチが好まれます。
アンチエイジングエクササイズとしてのストレッチには、足の裏の筋肉を伸ばすものから背筋、横隔膜、首や肩、腕など各部位ごとに様々なやり方が考案されています。
これらは、文章で読んでもわかりにくいですから、インターネットの動画サイトなどを利用して実際の動きを目でみますとわかりやすく、また、すぐに試すことができます。

Copyright(C) 2013 男性にも女性にも欠かせない All Rights Reserved.